Hatena::Groupfujoshi

腐男子FのA~Eまで。 RSSフィード

2008-09-04

Jの総て

| 05:21

ばら色の頬のころ―when I was thirteen (F COMICS)

ばら色の頬のころ―when I was thirteen (F COMICS)

Jの総て (1) (F×COMICS)

Jの総て (1) (F×COMICS)

Jの総て 2 (F×COMICS)

Jの総て 2 (F×COMICS)

Jの総て (3) (F×COMICS)

Jの総て (3) (F×COMICS)

中村明日美子先生の代表作の1つ「Jの総て」読みましたー。

「ばら色の頬のころ」は「Jの総て」の前日譚という位置づけになっていて刊行された順番としては一番最後なのですがどういうわけか(単純にJがみつからなかったからなのですが)ばら色を一番はじめに読んでいってしまいました。まぁ作中の時間軸としては正しいので問題ない。いやむしろけっこう正解だったかもと思ってます。



まず物語の主人公、J。マリリンモンローになりたかった少年。

外見はかわいい上に女装したりしてますが一番不幸な境遇にいる子。

ボクはショタとか女装に興味ないのでかわいそうだなぁ程度の思い入れです。(作品の趣向全否定)

次にポール。ばら色をはじめて読んだそのときから自分はポールが好きになりました。あーかっこいいよなんだよこのメガネ!素敵すぎる!!

はじめのほうはずっと癖毛なのにオトナになったらなんで髪がサラサラになってんのーどっちも萌えた!

3人目がモーガン。こいつはまぁどっちかっていうとチンピラなんだけどすごいいい奴。ポールのことが好きでポールと話してるときのモーガンはボクも大好き。


さてさて作品の感想。やっぱり明日美子さんは明日美子さんでした。超おもしろかった!

1巻と3巻の本の色が白で2巻が黒、読み終わったからこそいえるけどアップダウンアップな感じですかね。2巻がヒッジョーにドロドロしててショッキングな巻でした。物語の核心に迫る巻なのですが3巻まで読まないと全然楽しさが伝わらないと思いました。2巻で読むのを辞めるのは絶対にやめましょうw

ばら色はモーガン視点でポールを好きになる過程が描かれており、

Jの総て1巻ではJが学園に転入してきてポールとイチャイチャキャッキャウフフ、

2巻ではJが1人ぼろぼろになり、3巻でめでたくハッピーエンド。

ポール好きの自分としてはこれほどまでに完璧な終わらせ方はないと思いました。すごいよかった。後味が最高。

特に3巻のポールが好きです。Jのために必死になるポールにキュンキュンです。

それとJ3巻まで読んだらそこでばら色の頬のころの描き下ろし漫画を読めばモーガンも一層好きになると思います。

余談ですが全部読み終わったあとに「2週間のアバンチュール」という本にばら色の頬のころ番外編「彼の左目」という話もあるのでそちらもおすすめです。Nice boat.でございました。



評価

絵柄         :☆☆☆☆

ストーリー(ばら色):☆☆☆☆

ストーリー(J1巻) :☆☆☆

ストーリー(J2巻) :☆☆

ストーリー(J3巻) :☆☆☆☆☆

ストーリー(左目) :☆☆☆☆

総合         :☆☆☆☆

2008-09-02

探偵青猫

| 08:27

探偵青猫 1 (花音コミックス)

探偵青猫 1 (花音コミックス)

探偵青猫 2 (花音コミックス)

探偵青猫 2 (花音コミックス)

探偵青猫 3 (花音コミックス)

探偵青猫 3 (花音コミックス)

探偵青猫 4 (花音コミックス)

探偵青猫 4 (花音コミックス)

探偵青猫 5 (花音コミックス)

探偵青猫 5 (花音コミックス)

読んでみました。

本仁戻先生の「探偵青猫」1巻から5巻まで。

どうも今休載中で新刊がなかなか出ないようです。

5巻がなんか微妙なとこで終わってるのではやく連載再開してほしいです。

さてこの漫画。なかなかディープな世界でした。

話もディープキャラもディープ絡みもディープ。

まず主人公、青猫恭二郎。通称、探偵青猫。

この人がまず素敵でした。まさにいい男オブいい男。

ときどき変態くさくなるのがまたよかった。お前はマサルさんかと。

そして探偵といったら怪盗、硝子蝙蝠。

これがライバルというか育ての親というかまた複雑なキャラで。

そしてダンディ。ダンディすぎる。

そして探偵の助手、虎人くん。

この子はずっとショタ向けというか子供なんですが3巻のはじめの話でだけ大人の姿になってこれがまたかっこよかった。ツボでしたね。青猫よりもでかくなって、青猫をもちろん好きになってしまって・・・すばらしかったです。1話限りもったいない。

他にも蜂王子刑事や鶯さんなど魅力的なキャラばかりでした。


話のほうはというとけっこう好みがわかれました。

シリアスな話もあればかなりギャグテイストな話もあり、なぜか過去話がけっこう多かったなーという印象があります。

個人的にはシリアスな話よりギャグっぽい話のほうが楽しかったです。

普通におもしろい。シリアスな話はときどきかなり人間関係などで頭を使ったりする話があったりセリフまわしが複雑なものがけっこうありました。

まぁそんな難しいこと考えずに硝子蝙蝠×青猫さんの関係をひたすら楽しめればいいと思います。ダンディ好きに薦めたい作品です。


評価

ストーリー:☆☆☆☆

絵柄   :☆☆☆☆

総合   :☆☆☆☆

2008-08-26

同級生

| 03:05

同級生 (EDGE COMIX)

同級生 (EDGE COMIX)

お勧めされたので読んでみました。

中村明日美子先生の「同級生」。

これがなかなかおもしろかった。いやおもしろすぎた。

はじめはこの絵はすこしとっつきにくいかなぁと思っていたのですが読み始めたらそんなの全然気になりませんでした。セリフがキャラを活き活きとさせているいい例だと思います。

ストーリー的にはとにかく王道でネタバレをさせてもらうとキス以上のことはしてません。なのでBLが苦手な方に薦めるのもありかなと思います(絵柄が大丈夫そうなら)

ぶっちゃけ男の自分に「もう相手男でもいいんじゃなかろうか」と思わせるようなクオリティです。


キャラは楽天的おバカ男子の草壁と繊細形インテリメガネ男子の佐条(どちらも本の帯より抜粋)の2人。

はじめ表紙見たとき自分は眼鏡男子萌えなので佐条くんが気に入るかなぁと思ったら読み終わるころにはなぜか草壁萌えになっている自分がおりました。

いやどっちも素敵でしたけどね!草壁の不器用っぷりと佐条の不器用っぷりがどっちもキュンキュンしました。

原先生もよかった。


とまぁはじめてなのでやたら気合のはいった書評になってしまいました。

ひさびさのヒットだっただけにしばらく明日美子さん熱が冷めないかもしれません。


評価

ストーリー:☆☆☆☆☆

絵柄   :☆☆☆☆

総合   :☆☆☆☆☆

2008-08-23

はじめましてのごあいさつ

| 04:19

腐男子、自分がこう呼ばれていることに気づいたのはいつからだったろうか。

よくいろいろな方に誤解されるのだが腐男子というのはゲイやホモの類ではない。

単純に腐女子の男版。

ようするに男×男の絡みや801が好きな男のことである。

であるから別に女の子が嫌いとかそういうわけではないむしろ女の子大好きエロ大好き彼女だって欲しいよということを前置きに・・・。



長くなりましたがどうもこんばんわ。

エフと申します。

実は自分でも自分はどんな人物なのかいまいちよくわかってないのでちょいと自己認識の意も込めて箇条書きで書いていきたいと思います。

・とにかく眼鏡好き。眼鏡男子を見るとキュンキュンする。眼鏡に釣られてBL漫画を表紙買いすること多々あり。

・男の好みはリーマンタイプ。鬼畜眼鏡とか大好き。どういうわけかショタがあまり好きになれない傾向にある。

BLゲーでは咎狗の血が大好物。なかでもシキアキ、ケイアキを語らせると数時間は妄想で時間が飛ぶ。PS2版は未プレイ。あまりにハマったためシキとアキラの私服版、軍服版フィギュア計4体を所持。

・最も好きなBL同人サークルは「犬型サミット」さん。次点で「華氏」さんや「Cou」さんのところ。もってる同人誌はほぼ咎狗本かギアス本。ギアスはルルスザよりもスザルル派。

・実はBL小説は読まない。BLは漫画専門。

・好きな声優は谷山紀章。大きな声では言えないがナマモノもいけるので宮野真守×谷山紀章などすごく好物。

・女性の声優では好きな人がいないが男性声優は好きな人を挙げだしたらキリがないので割愛。紀章のためにUnder The Moonや金色のコルダなどはプレイ済み。

・以前は逆転裁判の公式サービスでゴドナルやミツナルなど自重しない作品を数作あげていた(現在はサービス終了)


とまぁ本当によくわからない感じになったうえにこんな長いもの読んでくれる人がいるのか甚だ疑問ではあるがなんとなく腐的な自己紹介になったのではないだろうか。



とりあえず1回目の更新なのでこういう長文になってしまったがここでは読んだBL漫画の感想をさらりと書いて行こうと思います。


ここまで書いてて思った、口調がおかしい。

ボクいつもこんなんじゃないよーー!!

NAPORINNAPORIN2008/08/24 20:47こんばんわ!いい腐アンテナをお持ちのようで、ぜひ日記チェックして見習いたいです。よろしければお友達もさそってあげてください。この8/10のグレンラガンのイベントにいったら谷山紀章さん、お誕生日を祝われ、吹き消したろうそくを取り除いたケーキを前にして、なぜか手拍子をうけていました。結局顔をつっこんで「クリーミィ谷山」となったあげくに、その顔を拭いただけでアテレコゲームに再参加してらっしゃいました。すごくかっこよかったです。

f_jirof_jiro2008/08/25 01:21こちらこそお誘いくださってありがとうございますー。
そういえば8/11が紀章さんの誕生日でしたね・・・グレラガイベントでまさか祝われてるとは・・・!クリーミィ谷山・・・すごく、見たかったです・・・!!